パワーストーン

知ればありがたみが分かる。天然石とパワーストーンの違いって何?

パワーストーンのことを天然石と表記することもあるために、混乱してしまう人もいるのでしょう。天然石とパワストーンは同じ意味なのかという質問を受けることがあります。

結論から言うと、パワーストーンの多くは天然石です。しかし、天然石=パワーストーンという意味ではありません。つまりは、天然石とパワーストーンが同じ意味なのかという質問であれば、答えはNOということになります。

天然石というのが何かというと、それは人工的に合成されていないストーンのことです。人工的に加工をされていてもかまいませんが、合成されてしまったいるものは天然石ではないということです。ダイアモンドであれば、たとえばブリリアントカットなどの加工を施されてアクセサリーに加工されていたとしても、これは天然石です。しかし、ダイアモンドに似せて人工的に合成した人工ダイヤ、ジルコニアは天然石とは言わないということです。

では、パワーストーンが何かというと、人の体や潜在意識に働きかけることができるなど、何らかのパワーをもったストーンのことをパワーストーンと呼んでいます。そのパワーストーンの多くは天然石をそのまま使ったか、加工しているものということになります。一部人工的に合成された人工石もありますが、多くのパワーストーンは天然石でできています。

天然石の中でも、特にパワーがつよく、パワーストーンとして認められたものだけが天然石でありパワーストーンになれるのです。天然石の中のエリート中のエリートがパワーストーンだと思ってもらえばいいかと思います。

しかし、一口に天然石と言っても色々なものがあります。人が合成していない、自然から採掘したものであればそれは全て天然石ということであれば、極端な話しをすれば、山に転がっているような石ころもまた天然石なのです。これらの天然石の全てがパワーストーンになれるかといわれれば、もちろんそうではありません。石ころの多くがパワーストーンになれないのはもちろんですが、例えばパワーストーンとして有名な水晶であっても、工業用に使われるものもあれば、ただの観賞用もありますし、アクセサリーになるものもあります。パワーストーンになれる水晶は、ごく一部だということです。

同じストーンが掘り出されても、そこからどう見出され加工されていくかによりストーンに求められる役割は変わります。トルマリンなども分かりやすい例です。トルマリンも、工業用や医療用品の原料にされることもあれば、希少価値の高いパライバトルマリンなどは宝石の中でも高価な部類に入る宝石でもありますし、恋愛にパワーがあるピンククオーツは女性に人気の高いパワーストーンになります。

色々な選別を受けて残った天然石がパワーストーンになっていると思うと、手元のパワーストーンを愛しく感じたりはしないでしょうか。天然石のエリート、パワーストーンを大切にしてあげてください。

このページの先頭へ